〒158-0094
東京都世田谷区玉川2-15-13
アーストビル

03-3709-9993

Contact

カテゴリー



© arst All rights reserved.

Windows10の無償アップグレードは今月29日まで、なのですが。。。

Windows10

皆さ〜ん、WIndows10にはアップグレードしましたかー!!!!?

 

。。。。

 

。。。。勝手になったよ。

 

という皆さんの心の声が確かに聞こえました。

 

Windows10、評判悪いですよね。

この評判を落とした大半の理由が、OSそのものの評判というよりは、世紀末的なMicrosoftの「絶賛勝手にアップグレードしてやるぜ!ヒャッハー!!」キャンペーンのせいだと思います。

本当、有難迷惑の典型ですよね。

 

この件に関してのJapan Microsoftの偉い方のインタビュー記事があったので、良かったらどうぞ。

https://codeiq.jp/magazine/2016/04/40275/

すべては「セキュリティ」という大義名分のためだそうです。

 

さて、無償アップグレードの評判に関しては色んなサイトでネタとなっていますので、ここではこれ以上イジメません。

ここでは主に、Windows10にアップグレードしたことから起因する、実際に遭遇したかなり困ったこと BEST 3 を弊社なりに取り上げてみたいと思います。

 

■Windows 7 又は 8(8.1)のHome エディションからアップグレードした場合のトラブル

これも上記大義名分によるOSの仕様変更によるものだと思いますが、

・パスワードに有効期限が勝手に設定される

というトラブルです。

 

トラブルというかセキュリティ強化のためのOSの仕様変更なのでしょうが、勝手に42日間というパスワードの有効期限が設定されてしまい、WIndows10にした以降、42日間隔でパスワードを変更して下さいと言われ、その都度変更することになってしまいます。

これは有効期限が設定されることが問題なのではなく、その「勝手に設定された有効期限を今まで通り無期限に設定変更出来ない」というのが大問題なのです。

これは「Pro」エディションではアップグレードすると自動的に「パスワードを無期限にする」という設定項目にチェックが入り、今まで通り使用出来ます。

「Home」エディションのみ、そもそもこのパスワードの有効期限に関連するセキュリティとプライバシーの設定変更項目が存在せず、変更出来ないのです。

Homeだけど、何とかしてパスワードを無期限にしたいという方は、是非「Pro」エディションにライセンスアップグレードして下さい。

約14,000円で優良アップグレード可能です!!(Microsoftさん、ヤクザなのではと疑いました。。。)

そんな理不尽な!!別の方法でパスワードをなんとか無期限に出来ないものか。。。そうお考えのお客様は一度弊社まで是非ご相談下さい。

 

■一度Windows10にしてから、やっぱり元の7や8(8.1)のバージョンに戻した時に遭遇するトラブル

Windows10には、「やっぱり元のOSに戻したい!」という場合に備え、アップグレード後、30日間であれば元のOSに戻せるリカバリ機能を持っています。

その際に遭遇したトラブル、それは

・Windows Live Mail の メールの中身とアドレス帳が消失する事がある

というトラブルです。

 

Windows7からの標準のメーラーやOutlookの使い勝手などになれず、Windows Live Mail を使用されている方も多いのではないでしょうか。

無償で導入出来ますし、安定性も高くトラブルも少ないので、弊社でもおすすめしていたメーラーです。

しかし、Windows10にアップグレードしてしまった途端、メールアドレスによっては正常に送受信出来なくなるトラブルが発生します。

これは単に「Windows Live Mail」がWindows10に対応していないためです。

(※もちろん弊社ではWindows Live Mail ユーザーには10へのアップグレードはおすすめしておりません。)

そこで、仕方がないので元のOSのバージョンに戻しますが、ここでさらに追い打ちとして、上記の症状が発生する場合があるのです。

但し、これは必ず発生するともまだ断言出来ず、おそらくは環境によって発生する可能性があるというところで、まだ確たる原因は弊社でも調査中です。

Windows Live Mail ユーザーの方は特にお気をつけ下さい。

 

■ハードディスクリカバリーの本体をご利用の方がWindows10にアップグレードしてから遭遇するトラブル

Windowsのシステムにトラブルが起こりどうしても回復しない場合、又はハードディスクが故障してしまった等の場合には、復旧のためシステムを初期化インストールすることがあります。

この時、CDやDVDとしてリカバリーディスクが購入時から付属している「ソフトウェアリカバリー」という方法を取っているパソコンと、パソコンのハードディスク内にリカバリー領域を入れておくから、必要に応じてそこから「リカバリーディスク」を自分で作って下さいという「ハードディスクリカバリー」という方法を取っているパソコンがあります。

現在では特に「ハードディスクリカバリー」が一般的になっていますが、その「ハードディスクリカバリー」の方法を取っているパソコンでWinodows10にアップグレードしてしまうと、

 

・ハードディスクリカバリー領域が消え、リカバリーディスクの作成が出来なくなる

というトラブルに遭遇します。

 

一見、大したことなさそうですが、例えば10にアップグレードしてからハードディスクの故障が起きた場合に、リカバリーディスクを作成していなかった場合には復旧が困難になる可能性が高くなってしまいます。

可能な限り、10にアップグレードする前には「リカバリーディスク」を作成してから行うようにしましょう。

 

如何だったでしょうか。

10にしてなんだかシステムが軽くなったという声もありますし、特に何も問題ないよという方もいます。

又、これからはじめてWindowsを使用していく方にとっては、ユーザーインターフェイスも良くなりましたし、取っ付き易くはなったのかもしれません。

しかし、既存ユーザーからすると。。。なのです。

 

Appleも以前、OS9からOSXへと、比べればもっと大きなシステム変更を行いました。

確かにユーザーは困りました。

しかし、

 

・Classic環境(OS9の以前のアプリケーションも使える機能)

・ユーザーインターフェイスの改良

・システムの安定性の飛躍的向上

・ハードウェアの能力やデザインの向上

・販売、宣伝、広告方法

 

以上の項目がすべて功を奏し、OSXへの以降は大きな波乱を巻き起こすことなく完了しました。

Microsoftには上記の中で一体何が足りないのでしょうか?

それは誰もがわかっていることですよね。

 

弊社は主にMacの修理サポートを行っておりますが、もちろんWindowsの修理や設定、トラブルシューティングも行っております。

Windows10でのトラブルや相談に関しましても、何かございましたらお気軽に弊社までお問い合わせ下さい。Windows担当の専門スタッフが丁寧に対応致します。

 

株式会社アースト

03-3709-9993

mac@arst.jp

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

20179/17

Macのバッテリーについて!駆動時間を長持ちさせる方法など

iPhoneなどのスマホの方が日々持ち歩いているので感じやすいと思いますが、 ラップトップ型のMacも同様で、バッテリーで駆動させる機器は…

20179/15

出張レポート:iMac2013 使用中にとんでもなく重くなる

先日『iMacが使っているとメチャクチャ重くなってしまう』というお問い合わせがありましたので、早速出張にてお伺いしてまいりいました。 動作…

20179/14

【トラブル回避】アクティベーションロックとは? 設定や解除方法をご紹介

先日旅先で子供がiPhoneを落としました。 三世代前の4sでSimカードも入ってないしゲーム機としか使わせていなかったんで、そこまで痛手…

20179/11

AppleCare+とモバイル保険のどちらが得? 賢い使い分けとは?

奮発して高価なMacを買ったはいいけど、保証の為に更に数万単位での出費はお財布的に厳しい。 『俺はとりあえず基本の一年保証あれば良いよ』『…

20179/6

AppleIDの作成方法をご紹介!

Apple IDって何なの?必ず作らなきゃいけないの?無くても普通に使えてるけど? お客様よりこんな質問をよく受けます。 話を聞くと…

ページ上部へ戻る