〒158-0094
東京都世田谷区玉川2-15-13
アーストビル

03-3709-9993

Contact

カテゴリー



© arst All rights reserved.

20171/21

SafariでFlashを使ったページが表示されない!!

Flashといえば数年前までは動きのあるホームページ(HP)作りには欠かせない技術でしたが、iPhoneなどのスマホに対応してなかったり、HTML5等の新しい技術の出現でもあり
すっかり影が薄くなってきております。

最近はSafariやChromeなどを始めとしたウエブブラウザが、デフォルトの状態では
Flashを再生させるためのプラグインであるFlashPlayerを無効にするようになったため、
今までだったら普通に自動再生して見れていたものが見れなくなったった訳ですね。

この一因には同プラグインにセキュリティ上の欠陥、というか脆弱性があり
ここからウイルスが侵入するといった事例が後を絶たないから・・・とも言われています。

言われてみれば、FlashPlayerのアップデートでやたら頻繁にありますよね?
これはそれらのウイルスに対抗する為だったんですね。
なんだか納得です。

で、今日のタイトルに戻りますが、
もしSafariにてFlashで使ったページが表示されない場合は、下記の手順でプラグインを有効にしてあげる必要があります。
下記ご参考になさってください。

1、Safariのメニューから環境設定→セキュリティを選ぶ

スクリーンショット 2017-01-21 16.52.58

2、プラグイン設定に入っていただき、Adobe FlashPlayer にチェックを入れる。

スクリーンショット 2017-01-21 16.55.14

 

これで、Flashを使ったページが表示できるようになると思います。
ちなみにSafariについては バージョン10からデフォルトで無効になったようですよ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

20179/17

Macのバッテリーについて!駆動時間を長持ちさせる方法など

iPhoneなどのスマホの方が日々持ち歩いているので感じやすいと思いますが、 ラップトップ型のMacも同様で、バッテリーで駆動させる機器は…

20179/15

出張レポート:iMac2013 使用中にとんでもなく重くなる

先日『iMacが使っているとメチャクチャ重くなってしまう』というお問い合わせがありましたので、早速出張にてお伺いしてまいりいました。 動作…

20179/14

【トラブル回避】アクティベーションロックとは? 設定や解除方法をご紹介

先日旅先で子供がiPhoneを落としました。 三世代前の4sでSimカードも入ってないしゲーム機としか使わせていなかったんで、そこまで痛手…

20179/11

AppleCare+とモバイル保険のどちらが得? 賢い使い分けとは?

奮発して高価なMacを買ったはいいけど、保証の為に更に数万単位での出費はお財布的に厳しい。 『俺はとりあえず基本の一年保証あれば良いよ』『…

20179/6

AppleIDの作成方法をご紹介!

Apple IDって何なの?必ず作らなきゃいけないの?無くても普通に使えてるけど? お客様よりこんな質問をよく受けます。 話を聞くと…

ページ上部へ戻る