〒158-0094
東京都世田谷区玉川2-15-13
アーストビル

03-3709-9993

Contact

カテゴリー



© arst All rights reserved.

確実にゴミ箱を空にする。

スクリーンショット 2015-03-22 17.42.06
よくMacの生徒さんやお客様から
Macの「確実にゴミ箱を空にする」とは?
という質問を受けます。

そもそも皆さん、この質問の意味する所はお分かりですか?
パソコンを使っている方なら、「あ〜、あの事ね・・」と閃いたはず。でも、確実に空にするっていうのはどうでしょう? 確実??(笑)

普段何気なく行っている「ゴミ箱を空にする」という行為ですが、実はこの時点ではゴミは完全に消えてはいないのです。
え?でも消せばハードディスクの容量も元に戻ってくれるじゃん??と思うかもしれませんが、これはハードディスクの○○という階層に置いてあった●●というデータは削除済み!という扱いになって、その分がカウントされてるだけなんですよ。
これは裏を返せば、専用の救出ソフトを使ってその情報さえ見つける事が出来れば復元可能!とも言える訳で(※注1参照)
セキュリティ的な面でみれば不十分でもあります。
個人レベルであれば、それくらいの救済処置があってくれた方が、誤って消してしまう事を考えれば助かるんですけど、情報によっては絶対に見られてしまっては困るものもありますからねぇ。
そんな時の為にあるのが、この「確実にゴミ箱を空にする」ってモードです。
この方法で削除したファイルは、ファイルの情報も含め丸ごとを意味のないデータで完全に上書きされてしまいますので、復旧はまず無理(100%とは言いませんw)になる訳です。

日々使っていると、不要なファイルというのは次々と出てくるものですが、人間ですから本当は必要なものだったのにうっかり消してしまうというミスもやらかします。そんな時の為に日頃からマメにバックアップを取るようにしておきたいものですね。
もし万が一、このような災難に遭遇してしまった場合はまずは余計な作業を一切行わず、できるだけ早く弊社までご相談ください!!

株式会社アースト

(※注1)これも元々このデータがあった領域が別のファイルに上書きされてしまえば一巻の終わりなので、消してしまった後に時間が経てば経つほど、何か作業をやればやるほど救出の精度は下がっていくと思ってください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

20182/20

【High Sierra】 パスワードを空欄に設定するとロック解除ができない。

OS10.13『macOS High Sierra』のパスワードがらみのバグレポートです。 昨年末に発見されたrootユーザーがらみのバグ…

20182/8

出張レポート:プリンタの認識が不安定になる(Wi-Fi 無線LAN接続)

無線接続されているプリンタが認識されなくなるというご相談での出張レポートです。 その結果、不具合の原因はSnooping機能という耳慣れな…

Dropboxが使えなくなってしまった。

今年の1月16日からDropboxの動作条件が変わりまして、ある一定の条件を満たしていないと全ての機能を使うことが出来なくなりました。 …

20181/21

液体混入でキーボードの一部がベタつくようになってしまった

Macにうっかりジュースをこぼしてしまった。ただちに電源を切って水分を全て拭き取ったおかげで、幸い問題なく起動はできている。 しかしそれ以…

20181/20

出張レポート:MacPro起動しても画面が真っ暗(横浜市青葉区)

今回は横浜市青葉区での出張レポートです。 MacProを起動させても画面が来ないという症状ということで、ディスプレイ側の問題なのかそれとも…

ページ上部へ戻る