〒158-0094
東京都世田谷区玉川2-15-13
アーストビル

03-3709-9993

Contact

カテゴリー

人気の記事



© arst All rights reserved.

OS9対応、外付ハードディスクの修理サポート致します!!

特にFireWire接続の外付ハードディスクをご利用中のOS9ユーザーの皆様。

お困りの際は、まず弊社までお気軽にご相談下さい。

データの保存やバックアップに外付ハードディスクを使用している方はもちろん多いと思いますが、家電量販店などで現在販売されている外付ハードディスクには、使用するための対応OSの記載が必ずあります。

これは大抵Macの場合、「OSX以上(再フォーマットが必要)」とか、もっと厳しい条件の場合「Mac OS10.10 Yosemite以上対応」等という具合です。

そう、OS9対応製品はどのメーカーをあたってもすでに生産終了してしまっているのです。

これでは、現在でもOS9のMacをパワフルに現役で使用している方々にとって、同じUSB接続が可能なものであっても使用出来ない(※実際には使える場合があります。後述)、FireWire接続のものが欲しいのに中々売っていない、一体どれを買ったら良いの??といった具合に購入を踏みとどまってしまっている方も多いのではないでしょうか。

弊社ではまだまだ現役バリバリのOS9ユーザーの方々のために、現在ご利用頂いているOS9対応外付ハードディスクの修理サポートも承っております。

対応製品がすでに生産終了してしまっているのであれば、直してしまえば良いわけです!!

OS9対応FireWire接続のLacie製外付ハードディスクなど、修理サポートを承っておりますのでお気軽にご相談下さい。

ご希望であれば、故障外付ハードディスクからのデータ救出作業も承っております。

 

さて、現在販売されているUSB接続の外付ハードディスクですが、厳密にいうとOS9でも全く使用出来ないというわけではありません。

ネックになるのは以下の3点であり、これをクリア&我慢出来れば使用出来る場合があります。

・ウエスタンデジタルの外付ハードディスクなど、付属の自社製ソフトウェアでないとフォーマット出来ない製品がある。

・拡張ボードを搭載している場合を除き、USB1.1での動作しか出来ない。データの転送速度が非常に遅くなる。

・最近の外付ハードディスクの容量過多により、OS9のMacに接続した際にマウントされるまでに時間がかかり一時的にフリーズしたような状態になる場合がある。

例えば、YosemiteのMacとOS9のMacを1台ずつ所有されている方は、Yosemiteで専用ソフトを使用してフォーマットさえしてしまえば、その外付ハードディスクをOS9のMacにUSB接続すると使える場合があります。

しかしご注意頂きたいのは、この方法はすべての製品が使用出来ることをお約束するものではございません。

ご自身でトライする方は必ず自己責任で行って下さい。

OS9の外付ハードディスクでお困りの方は、まずは何より一度弊社へご相談頂くことを強くおすすめ致します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

20176/27

『どこでも My Mac』を使った画面共有

唐突ですが画面共有って機能ご存知ですか? 会社内などの同じネットワークに繋がっているMacの画面を自分のMacに表示させることができるとい…

20176/25

Macの動作が遅くなった時に試したい7つの改善方法

お持ちのMacの動作が遅くなった時、あなたならどうしますか? 調子が悪くなった=修理しなきゃ! とついつい考えがちですが、ある改善方法を…

20176/16

2ファクタ認証の解除方法

iOS10.3にアップデートすると自動的にオンの設定になってしまう2ファクタ認証。 セキュリティがより強固になったという事で、その面で見れ…

OS9時代に圧縮したファイルをOSXで解凍する方法

OS9時代にCompactProという圧縮ソフトでフォルダを圧縮して保存していたが、 つい最近になりそのデータをEl capitanやma…

20176/12

Macのバッテリーが使えなくなった。

皆さんはご自分のMacのバッテリーの寿命について考えたことはありますか? 今回は寿命を迎えたバッテリーの交換修理について書いています。 …

ページ上部へ戻る