〒158-0094
東京都世田谷区玉川2-15-13
アーストビル

03-3709-9993

Contact

カテゴリー

人気の記事



© arst All rights reserved.

悪の所業 Macのウイルス達(MackeeperやGenieoなど)

OS9時代からMacはウイルスにかからない、流行らないと言われていましたが、それは昔の話。

単純に過去のシェア率としてWindowsユーザーが圧倒的に多かったのでそれを標的にしたウイルスが流行していたわけであり、Macユーザーが急増した昨今ではMac用のウイルスも流行の兆しをみせています。

とはいえ、まだWindows用のウイルス量と比べれば、システムの脆弱性をついた深刻な影響を及ぼすであろうものはまだApple側のソフトウェアアップデートやセキュリティアップデートで対応出来るレベルに留まっています。

しかし。。。しかし、です。

最近弊社でも良く問い合わせがあり、又、修理案件でご申告がなくても「あ、入っているな」と分かるものがあります。

様々な悪行の数々で暴れまわっている2大巨頭。。。

それが、

 

24unei2540

Mackeeper

と、

 

14588007965_6a122660b1_o

Genieo

です。

 

これらはいわゆる、アドウェア、マルウェアと言われているものですが、要は『ウイルス』でいいと思います。

こいつらウイルスです!!

主にSafariなどのインターネットブラウザソフトに感染し、影響を及ぼします。

感染源はインストーラーを経由します。

ネット上からダウンロード出来る無料ソフトのインストーラーや怪しいソフトのインストーラーなどに巣食っています。

又、怪しいサイトをネットサーフィンしていると、突如「ウイルスに感染しています!!」と警告が出てきて、不安に思いそのメッセージに従って進んでいってしまうと、これらのイントーラーをダウンロードさせられインストールしてしまうケースもあります。

悪質、まさに悪質極まりないです。

現在に水戸黄門様御一行がいたら、真っ先に助さん角さんに成敗されるでしょう。(黄門様もご立腹)

これらをインストールしてしまうと主に以下のような症状が発生します。

・意図せず勝手にMackeeperのページが表示される(有料版に誘導される)

・検索エンジンが勝手なものになり、正常な検索結果が得られなくなる

・OSXのデスクトップに頻繁に「ウイルスに感染している」「有料版にアップグレードしなさい」とメッセージが表示される(お前らがウイルスじゃ!)

・OSXシステムのバックグラウンドで無駄にメモリ消費を行い、システムが重たくなる。

などなどです。

 

これらを駆除する方法はネット上にもさまざま紹介されていますが、いざ自身でやると中々完全な駆除が出来ないで上手くいかなかったり、

最悪誤った方法で逆にシステムをダメにしてしまう場合があります。

弊社ではこれらの駆除ももちろん対応しておりますので、すでに感染している、又は感染しているかも。。。と、お困りの際はお気軽に弊社までお問い合わせ下さい。

弊社の専門スタッフが、正義の印籠を持って精一杯対応させて頂きます!!

 

株式会社アースト

03-3709-9993

mac@arst.jp

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

20176/27

『どこでも My Mac』を使った画面共有

唐突ですが画面共有って機能ご存知ですか? 会社内などの同じネットワークに繋がっているMacの画面を自分のMacに表示させることができるとい…

20176/25

Macの動作が遅くなった時に試したい7つの改善方法

お持ちのMacの動作が遅くなった時、あなたならどうしますか? 調子が悪くなった=修理しなきゃ! とついつい考えがちですが、ある改善方法を…

20176/16

2ファクタ認証の解除方法

iOS10.3にアップデートすると自動的にオンの設定になってしまう2ファクタ認証。 セキュリティがより強固になったという事で、その面で見れ…

OS9時代に圧縮したファイルをOSXで解凍する方法

OS9時代にCompactProという圧縮ソフトでフォルダを圧縮して保存していたが、 つい最近になりそのデータをEl capitanやma…

20176/12

Macのバッテリーが使えなくなった。

皆さんはご自分のMacのバッテリーの寿命について考えたことはありますか? 今回は寿命を迎えたバッテリーの交換修理について書いています。 …

ページ上部へ戻る