〒158-0094
東京都世田谷区玉川2-15-13
アーストビル

03-3709-9993

Contact

カテゴリー

人気の記事



© arst All rights reserved.

20152/10

アーストサポート日誌より『第6話 丸い埃』

1412丸い埃
皆さんは家の中でちょっとしたイタズラをするお化けや妖怪を信じますか?
今回は、ちょっと不思議な心霊現象を体験された方からのご相談です。

ご依頼主の方は、つい最近になってiMacの不調にお気付きになったそうです。
ですが、本体の不具合よりも心配されていたのが別にありました。
それは、気が付くといつの間にか書類の上にできている水玉模様…それも規則的で細かな点がきれいに並んでいるそうです。
更に、手で払ったりふっと息を吹きかけると消えてしまうという、摩訶不思議な現象に首を傾げていらっしゃいました。

これはひょっとして、まっ◯ろ◯ろすけ…それとも、最近流行りの妖怪のせい…?

とにかく、とても奇妙な現象に遭遇しているとのご申告でした。

しかし、実はこれ、得体の知れない超常現象なんかではありません。
水玉模様の不思議もパソコンの不具合もすべて、iMacの本体下部にあるメモリスロットのカバーのしわざだったのです。

普段はあまり気にされることはないと思いますが、iMacの本体には液晶の下の部分が空気の吸気口になっています。
ここから吸い込んだ空気で本体の熱を冷やして、上にある排気口から放熱しているんですね。
この吸気口のカバーに小さな穴がたくさん並んでいるので、ご相談いただいたような現象が起きます。

メモリのカバーはとても小さな穴になっているので、お手入れしないでおくととてもつまりやすい部分です。
また吸気口が詰まってしまうと本体に熱がこもってしまい、動作不良や故障の原因にもなってきます。
実際にカバーを取り外して、軽くコンコンとしてあげるとまったく同じ水玉模様が現れました。
驚くほど単純な原因と、我が社のスタッフの名推理に驚かれていらっしゃいました。

さて、今回の心霊現象の正体であった吸気口ですが、やはり定期的にお掃除してあげたいところではあります。
機種よって多少作りの違いがありますが、カバーを取り外してあげればとても簡単に埃を取り除くことができます。
詰まったままにしておくと深刻な不具合につながる可能性があるので、是非とも解消してあげたいものです。

吸気口の普段からご自身で行っていただけるようなメンテナンスの一つですが、ネジの締めすぎにはくれぐれもご注意ください。
ネジを締めによってネジ本体やネジ穴部分を破損してしまうと、二度と開けられなくなってしまう可能性があります。
ですので、お掃除の前にはマニュルをしっかりとご一読されることをおすすめします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

20175/23

千葉県旭市口へMacProの出張訪問修理サポート

弊社出張訪問サポートは東京都だけでなく、千葉、神奈川、埼玉と 関東近県をサポートしております。 今回は千葉県旭市への出張サポートでした。…

20175/23

帰りたくない…出張サポート

http://mac.arst.jp/miura-supports/…

20175/22

ボーカルレコーディングにおけるマイク選び

DTMレッスン担当の大塚です。 先日、生徒の方からボーカルレコーディングを始める場合、どんなマイクが良いのか?というお問い合わせいただ…

20175/21

配送事故でiMac液晶が割れてしまった。

下記新サイトにて配送事故によって液晶が割れてしまったiMacの事を書いてます。 良かった是非ごらんください。 h…

20175/20

iMacがうんともすんとも言わなくなってしまった。

iMacがある日突然動かなくなってしまった。 しかも仕事の締め切りが迫っているというのに!よりによってなんでこのタイミングで!!! …

ページ上部へ戻る