〒158-0094
東京都世田谷区玉川2-15-13
アーストビル

03-3709-9993

Contact

カテゴリー

人気の記事



© arst All rights reserved.

20166/30

アーストサポート日誌より『第20話 叩いた』

1605叩いた

小さなお子さんがいるご家庭は、本当に大変だと思います。
子育てて誰もが通過することなのかもしれませんが、ちょっと目を離したすきにいたずらをしていたりします。

テーブルの上においてあるMacBookだって、子どもにはただのおもちゃなのでしょう。
気にする様子もなく、バンバンと叩かれてしまったりすることもあるかもしれません。

だめだめーっ!!と思って恐る恐る開いてみて
「…あれ、OSが起動しない…。」

こんなときなんかは、みなさん、まずメーカーに相談されますよね?
ですが、こういった不具合に関して相談してみると、必ず原因になりそうなことの心当たりを聞かれます。

家電製品や携帯電話と同じように、もちろんパソコンも水濡れや落下などの衝撃は故障の原因になります。
なので、メーカーの対応としては当たり前なのかもしれません。

しかし、ここで「そういえば、子どもが『ちょっと』叩いてしまってから…」と、
何気なく伝えたことでも、ここで「衝撃あり」
…つまり、自損扱いとみなされてしまい、修理費が高額になったりすることがあります。

今回のケースのように、子どもがちょっと叩いたとか、
「持ち運んでいるときに少しぶつけてしまった」というような衝撃は、状況によってだいぶ差があります。

もしかしたら、本当に故障の原因になる衝撃かもしれません。
ですが、蓋を開けてみたら、原因がまったく別にあるということも往々にして多よくあります。

今回の起動トラブルに関していえば、HDDに原因があったりすることが多いです。
しかし、そもそもHDDの寿命は、使い方にもよりますが良くて3〜5年程度です。
故障までの経緯とは関係なく、通常の自然故障の範囲である可能性だってあります。

メーカーの見積もりに不満があっても、ご自身で故障の原因を調べたり、
特定したりするのはとても難しいことです。
ですが、こういうときには、メーカーへ相談される前に、まず弊社へご相談ください。

どのような経緯であれ、HDDの交換はHDDの交換です。
弊社では故障の原因や、必要になる作業内容をもとに修理費用をお見積もり致します。
ロジックボードなどの故障でメーカー修理が必要な場合でも、弊社からメーカーへ依頼をすることだって可能です。

同じ作業内容でも、メーカーでは申告内容によって修理費用が変動することもあります。
しかし、結局のところ、大切なことは「なぜ壊れたか」ではなく、「直ればそれでよい」のです。
特に左記のような水濡れや衝撃などで故障した可能性がある場合や、
データの救出を優先したい方は、ぜひ一度ご相談いただければと思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

20176/27

『どこでも My Mac』を使った画面共有

唐突ですが画面共有って機能ご存知ですか? 会社内などの同じネットワークに繋がっているMacの画面を自分のMacに表示させることができるとい…

20176/25

Macの動作が遅くなった時に試したい7つの改善方法

お持ちのMacの動作が遅くなった時、あなたならどうしますか? 調子が悪くなった=修理しなきゃ! とついつい考えがちですが、ある改善方法を…

20176/16

2ファクタ認証の解除方法

iOS10.3にアップデートすると自動的にオンの設定になってしまう2ファクタ認証。 セキュリティがより強固になったという事で、その面で見れ…

OS9時代に圧縮したファイルをOSXで解凍する方法

OS9時代にCompactProという圧縮ソフトでフォルダを圧縮して保存していたが、 つい最近になりそのデータをEl capitanやma…

20176/12

Macのバッテリーが使えなくなった。

皆さんはご自分のMacのバッテリーの寿命について考えたことはありますか? 今回は寿命を迎えたバッテリーの交換修理について書いています。 …

ページ上部へ戻る